やさしい経済数学入門リンク集

このページの目的

経済数学の講義ノートや書籍の総合リンク集です.丹野が書いてきたレジメを各項目別にまとめており書き換えた内容は逐次新しい講義ノートにリンクを変えて行きます.新しい内容が加われば項目を増やしていきます.一度に大量に学ぶよりはこのように項目に分けた方が学ぶ上での見通しが良くなるでしょう. やさしい経済学入門やさしい経済数学入門やさしい国際経済学入門もご覧下さい.

講義ノート集

  1. 数と式
    1. 数,四則演算,比率
    2. 指数法則,展開と因数分解
    3. 平均,方程式,不等式
  2. 集合
    1. 集合とは何か
    2. ド・モルガンの法則
  3. 論理
    1. 論理その1
    2. 論理その2
    3. 論理その3
    4. 論理その4
  4. 関数
    1. 関数とその性質
    2. 1次関数と2次関数
    3. 最大値と最小値
    4. 分数関数と無理関数
  5. 数列と指数・対数関数
    1. 数列とその極限
    2. 指数関数と対数関数
    3. 数列と関数の極限
  6. 平面図形と平面ベクトル
    1. 方程式の図形
    2. ベクトル
    3. 内積とベクトル方程式
    4. 内積と角度
    5. 点と直線の距離
    6. 空間図形と空間ベクトル
  7. 確率
    1. 不確実性と確率その1
    2. 不確実性と確率その2
    3. 不確実性と確率その3
  8. 利子率と収益率
    1. 利子率と収益率
    2. 実質利子率,資産市場および期待形成
    3. 株式・債券の収益率
    4. 期間当たりの収益率
    5. 平均収益率
  9. 微分
    1. 微分と積分の直感的な意味
    2. 数列と関数の極限
    3. 微分の定義
    4. 様々な関数の微分
    5. 商の微分と連鎖律
    6. 接線の方程式
    7. 逆関数定理と陰関数の微分
    8. グラフの凹凸と極値
    9. 指数・対数関数の微分
  10. 多変数の微分
    1. 2変数関数の微分−偏微分と全微分
    2. 多変数関数の微分の経済学へ応用
  11. 微分方程式と不定積分
  12. 積分と連続確率
  13. 行列と連立方程式
    1. 行列事始め
  14. 経済数学への招待
    1. ラグランジュ乗数法

これからの更新予定です.

  1. 三角関数,順列・組合せ,複素数
  2. 空間図形と空間ベクトル
  3. 多変数の微分
  4. 積分
  5. 行列と連立方程式
  6. 連続的な確率
  7. 統計資料の解釈と統計学
  8. 微分方程式と差分方程式

経済数学の本

レベル順に経済数学の教科書を紹介しましょう.

入門編 テキスト経済数学
この本が一番易しいでしょう. 1ページ当たりの情報量が少ないので 数学嫌いには最適です.
経済学を学ぶための基礎数学
この本もゆったりしたスペースで見やすい本です.
チャン、A.C.『現代経済学の数学基礎上・下』、シーエーピー出版
定評のある本です. 上下二巻ですので腰を据えて取り組む人向きです.
西村和雄『経済数学早わかり』日本評論社
これも定評のある本です. 直感的な理解を優先させていますがレベルは高い. たとえがとてもユーモラスです.
経済学・経営学のための数学
学部上級から修士レベルの正統派の教科書です.

数学や統計学関係は以下を推奨しておきます.

穴埋め式微分積分 らくらくワークブック
数学を本格的に勉強はしたくはないが,概観を知りたい人には 手を動かして学ぶこのシリーズは良いでしょう.
入門 経済のための統計学
講義が抜群に上手い著者の一人の道案内で 統計学を易しく学ぶことができます.
エコノミスト数学マニュアル
経済数学の公式集と言ったらこれでしょう.

経済数学のリンク集

有益なリンクをまとめておきます.

数学は経済学を変えたか
数学と経済学の関係はこの文章が含蓄に富んでいるでしょう.
大阪大学大学院での学習に備えて(経済学専攻)
大学院への勉強の中に経済数学について有益なサジェスチョンがあります.
数学ハイパーテキストしりーず
難しい数学にトライして暗中模索になるよりも高校数学から基礎を固めた方が早い場合があります.
大学数学へのかけ橋!『高校数学+α:基礎と論理の物語』トップページ
ここも上の目的に適っています.
KIT数学ナビゲーション

過去のレジメ

過去のレジメです.

  1. 方程式の図形
  2. ベクトル
  3. ベクトルその2

ホームへ.ご意見, ご感想などはmailでお気軽にどうぞ.